2010年04月12日

衆院に会派結成を届け出=たちあがれ日本(時事通信)

 平沼赳夫元経済産業相を代表とする新党「たちあがれ日本」は12日午前、会派結成を衆院事務局に届け出た。一方、自民党は、新党に加わった与謝野馨元財務相と園田博之氏の会派離脱を、また、保守系無所属議員による会派「国益と国民の生活を守る会」は平沼氏の会派離脱を、それぞれ届け出た。衆院の新しい勢力分野は次の通り。
 民主・無所属クラブ310▽自民・改革クラブ116▽公明21▽共産9▽社民・市民連合7▽みんなの党5▽国民新3▽たちあがれ日本3▽国益と国民の生活を守る会2▽無所属4。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

パワーウインドーで指切断、11か月女児重傷(読売新聞)
振り込め詐欺で男5人逮捕=被害総額2億円か−大阪府警(時事通信)
<皇室>愛子さま、学習院初等科3年に進級 始業式は欠席(毎日新聞)
今年はバンダナで応援=福岡〔地域〕(時事通信)
中国、3邦人の死刑執行 鳩山首相、日中会談で「遺憾」表明へ(産経新聞)
posted by ユヤマ ハルコ at 19:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。