2010年03月31日

空自家具入札で官製談合=職員関与認定、防衛省に改善要求−公取委(時事通信)

 防衛省航空自衛隊発注のオフィス家具をめぐり、官製談合が行われたとして、公正取引委員会は30日、官製談合防止法に基づき、同省に内部調査などを求める改善措置要求を出した。
 公取委は、空自全般の備品調達を行う第1補給処の歴代の資材計画課長や需品班長ら発注担当職員らの関与を認定。処長ら幹部も了解していたとして、組織ぐるみだったと指摘した。旧防衛施設庁の解体につながった2006年の官製談合事件以降も、談合を主導してきた同省の体質が厳しく問われそうだ。
 公取委はOBの天下り先で、談合していた内田洋行、プラス(いずれも東京)、イトーキ、ライオン事務器(いずれも大阪)、岡村製作所(横浜)に独禁法違反(不当な取引制限)で、排除措置命令を出し、総額約3億7500万円の課徴金納付を命じた。コクヨファニチャー(大阪)も談合に加わったが、違反を事前申告し対象から外れた。 

【関連ニュース】
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
〔写真ニュース〕空自次期輸送機を納入=川崎重工
ジョンソン&ジョンソンに立ち入り=価格維持のため、広告規制
山梨県発注工事で談合か=93年の摘発後も継続
岩手県発注工事で80社の談合認定=指名停止に「減刑嘆願」も

<掘り出しニュース>勤務中に送別食事会 警官8人鍵かけ−−近鉄奈良駅前交番(毎日新聞)
<女子トイレ侵入>容疑で開星教諭逮捕 盗撮目的か 島根(毎日新聞)
足利事件再審 幕田検事正「改めておわび」(産経新聞)
<郵政改革>亀井氏独走やまず 民主、官業肥大に批判(毎日新聞)
姫路爆発事故 「死ぬかと思った」 突然崩落/作業員下敷き(産経新聞)
posted by ユヤマ ハルコ at 11:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。